Romantic Road from the River Main to the Alps
Alt-Text
Romantic Road online booking

耳より情報

探訪者、美食家、旅行通のために

さまざまな興味と関心を持ち好奇心が強い方には、ロマンチック街道は驚きの発見がいっぱいの魅力のルートである。世界的なハイライト、大きなイベント、隠れた喜び:マイン川地方とアルプスを結ぶ多彩な顔を持つ400Kmのルートでは、いたるところで特別なこと、驚き、感激、つまりインサイダーの発見を待っている耳寄りな情報があります。 美味しいものが好きで、体験多き一日を終えて夢の神モルペウスの腕の中にゆったりくつろぎたい人には、ロマンチック街道は最高の旅行地だ。休憩や宿泊の施設は、心地よい農家から家庭的なペンション、地方色の濃いレストラン兼ホテル、家族経営の伝統ある宿、現代のチェーンホテル、トレンディなイベントやライフスタイルを強調するホテルまで、選択の幅は広い。食べ物と飲み物はもちろん各地方の名物がおすすめで、スナックからフランケンの郷土料理、スタイリッシュなコーヒーブレイクまですべて地産地消。マイン川やタウバー川、ホーエンローエ地方の美味なワインにするか、あるいは喉こしのよいビールにするか。ラーツケラーやワイン醸造業組合、ワイナリー、ビール醸造所で、飲み物の出処が王侯貴族のところか庶民のところか明らかになる。 ヴュルツブルクやヴァイカースハイムやヴァラーシュタインなどの見事なレジデンス宮殿、誇り高い城塞、華やかな宮殿では、ロマンチック街道の特徴である3つのKが旅行者を待っている(Kultur 文化、Kunst 芸術、Kulinarik 飲食)。

フランケン、ホーエンローエ、バイエリッシェ・シュワーベン、アルゴイ地方の変化に富む風光を通る旅が提供するものは、美食の喜びだけではない。一人旅、家族連れ、友人、クラブ仲間同士、どんな人も楽しめるものがある。野生動物公園では夜の狩人の目で観察でき、ドイツロマン主義の象徴であるクリスマスを365日体験でき、ノスタルジックなSLと客車が並ぶ鉄道博物館では子ども心が呼びさまされ、カジノでは幸運の女神が待っている。

ヴュルツブルクは領主司教の華麗なバロック宮殿できらめき、フュッセンはバイエルンのメルヘン王の城で輝いている。ルートヴィッヒ王のまぶしい生涯を石の驚きの城を前にして思いを馳せる。あるいはシュヴァンガウで好きに過ごした一日をウェルネスを楽しみながら城を見る:ロイヤル・クリスタル・テルメはドイツでもっとも美しい鉱泉浴場施設のひとつ。

質の高いウェルネスといえばロマンチック街道の左右でできる多彩なエクスカーション、旅行、休暇である。はじめに人気のアウトレットセンターでショッピング。ドイツでもっとも伝統ある温泉保養地のひとつで、短期あるいは長期の療養休暇、あるいは手軽なパッケージを体験;田舎でゆったりとした休暇;南部の二千年前と同じ”ヴィア・クラウディア・アウグスタ”街道でローマ人の歴史を辿る;ゴルフ三昧;荷物も運んでくれる専門旅行者のサイクリングツアーに参加;オーバーバイエルン地方の湖に寄り道;飛行機でドイツ第二の空港ミュンヘンに飛び、ロマンチック街道バスの旅に出る;熟練ガイドの団体旅行に加わる:ロマンチック街道はどんな方も満足させる旅行ルートである。