Romantic Road from the River Main to the Alps
Panoramabild von Schloss Neuschwanstein
Alt-Text
Romantic Road online booking

 

ロマンチック街道

ドイツのもっともよく知られもっとも人気のある観光ルート

自然、文化、おもてなしの三つが1950年の街道創立以来のトレードマークです。マイン川からアルプスを結ぶドイツでもっとも有名で人気の高い観光ルートです。ロマンチック街道という名称は、内外の旅行者が中世の町やメルヘンの城ノイシュヴァンシュタインを見て感じたものを表現しています。過去に戻った感覚と魅力です。ヴュルツブルクからフュッセンまでロマンチック街道は欧州の歴史、文化、芸術の宝を旅行者に見せてくれます。北から南に向かうと、景色は川の渓谷、肥沃な田畑、森と牧場から印象的な山岳風景へと変化します:ヴュルツブルクとワイン、タウバー渓谷とローテンブルク、リース盆地、レッヒ川流域からプファッフェンヴィンケル地方を経てルートヴィッヒ王の城へ。しかしながらロマンチック街道の旅は美しい地方と美味しい料理だけではありません。ロマンチック街道の文化とおもてなしの調和、多彩な風景の中に次から次へと現れる美しい景観、幾世紀も元の姿を守ってきた見事な建物が立つ町々があります。バルタザール・ノイマンはヴュルツブルクの領主司教宮殿を設計しました。ティルマン・リーメンシュナイダーの傑作はタウバー渓谷ではどこにでも見られます。カール・シュピッツヴェークはローテンブルクとディンケルスビュールに心を奪われました。リース盆地では地球の歴史を確かめられます。アウクスブルクにはローマ時代の遺跡が数多くあり、16世紀に設立された世界最初の社会福祉住宅フッゲライがあります。ロココ芸術の傑作のひとつである”ヴィース教会”は僧侶の角という地名のプファッフェンヴィンケルにあります。ホーエンシュヴァンガウ城とバイエルン王ルートヴィッヒ二世が建てた世界的に有名なノイシュヴァンシュタイン城は、過ぎし日の石で表した夢。バイエルンアルプスの麓でゴールとなるロマンチック街道にふさわしいランドマークです。

車やキャンピングカー、あるいはオートバイで旅行する場合、オリエンテーションは簡単です。茶色の標識が街道沿い町々を結んで立てられています。サイクリングでは安全のためヴュルツブルからフュッセンまで440Kmのロマンチック街道サイクリングルートを設け、緑色の標識となります。このルートはドイツ自転車協会(ADFC)サイクリングルートのD9に当たります。青色の標識は長距離ハイキングルートの標識です夢のような美しい景色とロマンチックな町を通る500Km弱のルートです。ロマンチック街道の自然、芸術、美味を堪能するためにたっぷりと時間を取ってください。マイン川からアルプスまでロマンチック街道で特別なもの、驚き、エキサイティング、秘宝 を発見できます。

 

Dieses Bild zeigt ein Mohnfeld