ロマンチック街道エキスプレス

フュッセン‐ミュンヘン‐アウクスブルク‐ローテンブルクo.d.T‐ヴュルツブルク‐フランクフルト

出発は朝8時フュッセン/駅と8時5分もしくは8時10分にホーエンシュヴァンガウもしくはシュヴァンガウからです。ユネスコ世界文化遺産のヴィースキルヒェではミサが行われていない限り見学の時間が予定されています。プファッフェンヴィンケルを横切り、雄大なアルプスの山並みを車窓から眺めながら、バスは一路ロッテンブッフとパイティングを通ってハッカーブリュッケの近くのミュンヘン・バス中央駅(ZOB)へと進みます。そこからシュヴァーベン地方の中心都市、アウクスブルクまでアウトバーンを走ります。続けて高速道路を行きドナウヴェルトとハーブルクを通り抜け、ネルトリンゲンまで直行します。ローテンブルクo.d.Tへの途中、ディンケルスビュールとフォイヒトヴァンゲンで停まります。ローテンブルクo.d.Tからはタウバー峡谷を通ってヴァイカースハイムで停まり、ヴュルツブルクの司教侯レジデンス宮殿で最後の写真休憩が予定されています。

 

写真休憩:

ヴィースキルヒェ、アウクスブルク、ネルトリンゲン、ディンケルスビュール、フォイヒトヴァンゲン、ローテンブルクo.d.T、ヴァイカースハイムとヴュルツブルク。

すべての停留所には公衆トイレの設備があります。また食べ物やドリンクを買うこともできます(日曜祝日を除く)。バスの中でもドリンクを買うことができます(ワイン、ビール、ソフトドリンク)。

 

ロマンチック街道を走るのは:

フュッセンからパイティングまたはホーエンフルフ間、ネルトリンゲンからヴァイカースハイムまたはバート・メルゲントハイム間です。

黒い森から湧き出してヨーロッパを横断して黒海まで流れるドナウ川をドナウヴェルトで渡ります。ここからはヴェルニッツ川がロマンチック街道に並行して流れています。特に美しいのはハーブルクから眺める景色です。ネルトリンゲンのリースを走行中は隕石の落下でできたクレーターのとても豊饒な土壌に気づかれるでしょう。とくに有名なのはここで作られるジャガイモで、南ドイツ中で人気があります。ディンケルスビュール、フォイヒトヴァンゲンの周辺には多くの池があり、鯉の養殖が盛んです。フランケン地方の郷土料理としてよく知られています。またこの辺りは多くのコウノトリが巣を作っていて、ロマンチック街道沿いの町でよく見かけることができます。ローテンブルクへ向かう道でフランケンヘーエを背にしてそびえるシリングスフュルスト城が見えてきます。タウバー峡谷では道沿いに赤ワインや白ワインのブドウ畑があり、辛口、または中辛口のワインが「ボックスボイテル」のボトルに入って売られています。この平らなボトルの形は特徴的なフランケン地方の製品としてヨーロッパ中で商標登録されています。