短期旅行および都市巡り

ロマンチック街道の城と宮殿

旅程:

 

一日目:ヴュルツブルク~ヴェルトハイム

旅行の出発点はヴュルツブルクの領主司教のレジデンツ宮殿です。1981年ユネスコ世界文化遺産に登録されました。ヴェルトハイムの古城は南ドイツで最も美しい石造りの古城遺跡の一つです。

2日目:ヴェルトハイム~シリングスフュルスト

ガムブルク城とヴァイカースハイム城には独特なバロック様式の庭園があります。タウバービショフスハイムのマインツ大司教の城は、かつてマインツ大司教の住まいでした。バート・メルゲントハイムは、町にも城にも、ドイツ騎士団の歴史が色濃く残っています。城の広大な庭園はイギリス庭園様式です。

3日目:シリングスフュルスト~ハールブルク

ホーエンローヘ・シリングスフュルスト公爵のバロックの城からは壮大なフランケンヘーエの景色を眺めることができます。エッティンゲン・ヴァラーシュタイン公の夏の宮殿からそんなに遠く離れていないところにバルデルン城があります。バロック様式の城は現在も子孫の家族が所有しています。ハールブルクの高台には、昔、交易路を守るために12世紀に建てられた、町と同じ名前を持つハールブルク城があります。

4日目:ハールブルク~シュヴァンガウ

レヒ川に沿ってさらに南へドライブし、ラインの町のかつての城を通りすぎるとフリードベルクのヴィッテルスバッハ家の城が見えてきます。プファッフェンヴィンケルの町を横切るとヴィース教会へ向かい、ケーニヒスヴィンケルへ到着します。ノイシュヴァンシュタイン城とホーエンシュヴァンガウ城の二つの城を見学する前に、バイエルン王の博物館を訪れてみてください。

5日目:フュッセン

ロマンチック街道にある最後の城は、バイエルン地方で一番標高の高い町フュッセンにあるホーヘ城です。後期ゴシック様式で建てられた城は、何世紀にもわたってアウクスブルクの司教候の夏の宮殿として使われてきました。城から眺めるレヒ川沿いの町の風景はとても素晴らしいものです。

ロマンチック街道のホテルはこちらでご予約ください!

ロマンチック街道の城と宮殿

booking.com 

ウェブサイトへ