味覚の旅

ロマンチック街道を食べ歩き

まず役に立つアドバイスをしておきます:ロマンチック街道を旅する時は、車のトランクに十分スペースを取っておくか、買い物袋を十分用意していくことをおすすめします。

理由はヴュルツブルク・フュッセン間でワインやビールがあまりにも美味しく感じられてワイナリーやビール醸造所で購入したくなるかもしれないからです。また、家族経営のキャンディ工場で大量に買い物をしたり、伝統的な「シュネーバル(雪玉)」やホームメードのハチミツ、それに自然食品のソーセージをお土産にしたくなるかもしれません。お土産にしないまでも、ロマンチック街道沿いでは美味しい食事や飲み物に出会うことが多いので、きっといい思い出になるに違いありません!

 

 

どんな好みでもどんなお財布事情でもOK

 

北のマイン川と南のアルプス山地の間のコースは芸術と文化、木組みの家、教会、そして城の宝庫であるだけではありません。長さ460 kmのルートは、フランケン、バーデン、ヴュルテンベルク、シュヴァーベン、バイエルン、そしてアルゴイ地方を通り抜けているので、真の味のパラダダイスです。どんな好みでも、どんなお財布事情でも、きっと何か合うものがあり、たっぷりした田舎料理が好きな人でもグルメ料理が好きな人でも、同様に満足できます。それに素敵な景色に囲まれての食事はなんといっても一番です。

 

 

ジルヴァーナーとザイプリング

例えばフォイヒトヴァンゲンにあるレストラン、ジンデル・ブッケル„Sindel-Buckel“の居心地の良いビヤガーデン。そこではフランケン地方のとても軟らかな、骨を抜いて調理された鯉が名物です。もちろん味も抜群。グラス一杯の冷たいジルヴァーナーがとてもよく合います。あるいはミシュリン星の付いたヴァイカースハイムのラウレンティウス„Laurentius“では、ホーエンローヘ産の仔牛肉を食べながらルネッサンスの城の景色を楽しむことができます。または、ローテンブルクのブラウエン・ザウ„Blauen Sau“では、歴史的な町の城壁を眺めながら、ロブスターのセビチェやサツマイモのフライドポテト添えタルタルステーキといったご馳走を食べることができます。アマガウのアルプスでハイキングをした後はハルプレッヒ川の上流にあるケンツェンヒュッテで食べるカイザーシュマルン(パンケーキのようなお菓子)が最高です。そしてフュッセン近くのアラート湖畔にあるレストランのザイプリング(マスの一種)は実に美味です。