ヴュルツブルクからフュッセンまでのビール醸造所

ビール

「ホップとマルツに神様のご加護を」1516年のバイエルンの議会の条例は現在も有効な世界最古の食品に関する法律です。

ドイツでは現在もなお、ビールはマルツとホップ、大麦と水でのみ醸造されなければなりません。ビールの品質を「法令化する」最初の試みは1156年のアウクスブルク市の条例までさかのぼることができます。「Justitia Civitats Augustensisアウクスブルク市条例」ではビールの品質条例に違反するものは罰金、再び繰り返すと醸造権をはく奪するとされています。ドイツビール純粋法にしたがってビールを作る醸造所が、ロマンチック街道沿いには30社あります。クラシックスタイルの「ヘル」からピルツ、ヴァイツェンビール、ツビッケル、ペールエールまで多くの種類のビールが作られています。地ビールに加え、季節限定のボックビールもお忘れなく。

ヴュルツブルクからフュッセンまでのビール醸造所

ビールはこちらをクリック!

ウェブサイトへ